波乱万丈な富士登山【下山編】

2018/ 09/ 03
                 

続きです。

過酷な環境下の中頂上へ着き喜びに浸かっていましたが、残念ながらご来光を見ることはできませんでした。なので、5時から頂上の山小屋が開くのでそれまで待っていました。寒さの中待ち続けやっと山小屋が開き中に入り休憩しました。


その山小屋にはカップラーメンとどん兵衛が売っていたのでそこでどん兵衛を買って食べました。
富士山の頂上で食べるどん兵衛は格別ですね😊



食べ終わりご来光も見えないですので下山しようと思っていたのですが、雨と風が強すぎて降りれなくなってしましました(^^;)
富士宮コースは行きも帰りも同じ道を通るので帰りも急なコースになっているため風や雨が強いと危険なため少し待つことにしました。ですが、山小屋の人にこれから雨風はさらに強くなるため今の内に下山した方がいいとのこと。

僕たちは富士宮コースで下山するのは危険だと判断し御殿場コースで下山することにしました!
御殿場コースには砂走コースという下山専用のコースが存在します。そこは地面が砂や砂利になっているので足に負担がなく帰れるのでそっちのコースにしました。

下山序盤は岩場が続くので濡れた地面と突風に気を付けながら慎重に降りていきました
7合目付近まで下りていくと次第に雨が止み、風も弱まってきました
砂走コースまで辿り着くとさっきの天気が嘘のように晴れて太陽まで見えるようになりました、振り返り富士山の頂上を見るとそこはまだ雲に覆われていたのでその雲の中があれて気候になっていたようです


砂走コースからの景色は凄い綺麗で圧巻でした!

下山道では行きのテンションとは大違いで天気が晴れたこともありみんなでわいわい話しながら楽しく降りていきました^^
朝の10時にようやく元の富士宮の5合目まで戻ってくることができました!
駐車場まで戻り富士山を再び見ると、そこには富士山が傘を被った状態の景色を見ることができました。美しい景色の裏には過酷な状況があるもんなんですね...笑

「富士山笠雲」の画像検索結果


僕らはとても疲れていたので温泉に直行しました♨
温泉で泥だらけの身体と疲れを取り、風呂上りは休憩場があったのでそこで少し寝ることにしました

2時間ほど寝て身体を休めてから東京へ帰宅しました。


かなり辛い経験でしたが、この辛いことを乗り越えたことはいつか人生で役に立つと信じたいと思います。次は違う山に挑戦していきたいですね!


富士山編...完結


【関連記事】



            


今回の装備としては服装は流石に寒すぎたのでかなり着込んでいました...笑
9合目まではかなり薄着で登っていたのですが無理でしたね

前回の登山での教訓を活かしてクロックスは穴が開いているため小石が入りやすいため今回は穴の開いていない水陸両用のサンダルで登ってきました笑 ↓↓↓


普通の靴と違い踵がないため踏ん張りがきかずかなり苦労しました(^^;)
帰りの砂走コースでは靴の中に常に石が入っている状態で降りてきたので足が痛いですね
しかし、今回も達成することができて良かったですo(^▽^)o

皆さんは絶対に真似しないでくださいね!
関連記事
スポンサーサイト

            
                                  

コメント